日々の出来事

  • 日々の出来事

    2017.12.18

    久しぶりに富良野へ赴いた。
    一見、街並みには何も大きな変化はないように見えるが、あちこちに英語の’real estate’や’for rent’の文字が。
    ニセコに違わず、この富良野も海外からの熱い視線が注がれ、建設ラッシュに沸いていた。

  • 竣工写真を追加しました

    2017.12.04

    先日竣工した「篠路の家」の竣工写真が出来上がりました。
    詳しくはこちらから。

  • アトリエ改修Ⅱ 19

    2017.11.29

    部屋に来ていたもうひとつの暖房配管には床暖房を接続しました。
    地下が駐車場で底冷えがひどく、部屋隅のフローリングの下は結露でぐちゃぐちゃでしたので、床暖房で床から温め、その厚さ分周囲に断熱材を敷き込み改善を試みます。

  • アトリエ改修Ⅱ 18

    2017.11.23

    仕事が忙しくなると作業は休止。気づけば2年以上の歳月が流れていました。
    壁の塗装もあと少し。既存でそのまま使えそうなところはもったいないので残して作業を進めましたが、いざやってみるとクロスを剥がし、補修をするのに非常に手間と時間がかかりました。業者が何かにつけて、作り直す方が早いし安いと言っている意味が身をもってわかりました。

  • FSMR 48

    2017.11.19

    今日はいよいよPROJECT Fの引渡しの日です。
    初めてお会いしてから2年半、工事が始まってから8ヶ月。
    紆余曲折しながら無事この日を迎えることが出来ました。

    札幌には今年初めて雪が積もり、
    薪ストーブの柔らかい暖かさに包まれながら一同雪景色に見入り、至福のひとときを過ごします。

  • FSMR 47

    2017.11.15

    今日はPROJECT Fの撮影です。
    いつものように東京から写真家を招いて撮影します。
    この機会にいつも札幌の美味しい食事屋さんを探しては食べ歩きます。

    残念ながらダイニングのペンダントライトが2ヶ月経ってもスペインから届かず。
    せっついても何しても日本のペースではことが進みません。

  • FSMR 46

    2017.11.12

    工事監理の間は都度図面通りに工事が行われているかチェックしていますが、
    最後に行われる設計検査では、引渡し前に今一度住んだときの動作を確認し、
    不具合を修正していきます。
    扉の開閉、スイッチの入り切り、蛇口の具合、ペーパーホルダーの位置などなどです。
    生活の視点に立つと細かな汚れや傷にも気づきますので、それらも合わせて修正していきます。

  • FSMR 45

    2017.11.02

    庭の木々はすっかり枯れ落ちてしまいましたが、
    雪が降る前に芝生を敷き込み、彩り僅かになった庭に色を添えます。

  • FSMR 44

    2017.10.30

    この数日の嵐で木々の葉は一斉に枯れ落ち、季節は一気に冬へ。
    庭に残したシンボルツリーの葉も僅かとなり、ライトアップの楽しみは雪が降り積もるまでお預けです。

  • 日々の出来事

    2017.10.28

    久々に東京の街をうろつく。
    所狭しと建物が並び、その空隙を縫って緑と空が垣間見える。
    様々な形状、意匠の建物は一見何の脈絡もないように見えるが、
    全体としては雲のように東京の雰囲気を形作っている。

  • FSMR 43

    2017.10.23

    PROJECT Fに照明が灯りました。
    今回も照明デザイナーが加わって、器具選定や照度計算などを手伝ってもらいました。
    光によって素材に命が吹き込まれ、がらっと様相が変わります。

  • FSMR 42

    2017.10.19

    PROJECT Fでは庭づくりが進んでいます。
    現在傾斜地の土を受けるための石積み工事中。
    大きさや厚さの異なる石を積み、最後に高さを綺麗に揃えているのを見て、老齢の職人さんに「次どの石を積むか迷わないのですか?」と問うと、「迷ったら上手く行かないんだよ」との弁。職人だなあ。

  • オープンハウスのご案内

    2017.10.18

    「PROJECT S」
    札幌市北区

    2017.10.21(土)〜10.22(日) 終了いたしました。

    土地探しからご一緒した物件が、いよいよ完成のときを迎えます。この度お施主様のご厚意によりオープンハウスを開催することになりました。木をふんだんに取り入れた、小さいながら随所に見処がある家です。

    お越しくださった皆様ありがとうございました。
  • FSMR 41

    2017.10.17

    PROJECT Fでは庭の造成工事が始まりました。
    元の庭にあった木々を中心に、庭づくりをしていきます。

  • PROJECT H 2

    2017.10.16

    PROJECT H。広大な敷地のランドスケープから計画が始まっています。
    今日は敷地全体をどのような雰囲気に作り上げるか打合せに行きました。
    最近にわかに建物の外構を含めた相談が増えています。

  • FSMR 40

    2017.10.15

    PROJECT Fではキッチンの取付けが始まりました。
    長い時間を掛けて吟味した3.5m長さのこだわりの特注キッチンです。

  • FSMR 39

    2017.10.10

    PROJECT Fでは仕上げ作業が進んでいます。
    今日は浴室仕上げが進んでおりました。
    光沢のあるタイルが外の景色を映し込み、急速に色気のある表情へと変化して行きます。

  • 篠路の家 29

    2017.10.05

    北海道は家は建っても外は手付かずのままであることをよく目にします。
    どちらかというと内向き。長い冬を考えると致し方ないのかもしれません。
    でも、街並みや短い夏を謳歌しようと考えるならば、もう少し積極的に外と関わりをもってもよさそうに感じます。

    今回の御宅は室内から庭に続く縁側を作り、枕木を塀に仕立て、
    庭を含めての家づくりとなっています。

  • FSMR 38

    2017.10.04

    PROJECT Fでは石工事が着々と進んでいます。
    地階の玄関ホールにはイタリア産の大理石が使われ、光沢と共に空間に奥行きが生まれてきました。

  • 篠路の家 28

    2017.09.30

    PROJECTSでは足場が解体されたというので、お施主さんと見に行きました。
    ようやく陽の目を見た独特な外観は、近所の目にはどう映っているのでしょうか。

    これから内部の仕上げと外構工事が始まります。
    今回北海道ではあまり見かけない縁側を作ります。