見えない居心地

見えない居心地

写真にはなかなか映すことのできない居心地。
人が住むには雨風を凌げる安定した環境がいります。
いつしかそれを人工的に制御するようになって、今や地球そのものが耐えられなくなってきています。
今一度その土地にある光、空気、水を読み解き、環境とともに住まう方法を模索しなくてはなりません。