奥沢の家 - 東京

奥沢の家

二世帯住宅

2003.08

東京

閑静な住宅街に建つ二世帯住宅。
古くからこの土地に住む両親がその子世帯と同居するために建替えることとなった。
気配は感じつつもお互いに独立した二世帯住宅が望まれたが、縦割りの完全分離2世帯は土地の細分化が進むこの地域では景観を損ねると考え、上下階で分離し外からは大きなひとつの家のように計画した。1階親世帯は庭とつながる落ち着いた広間に漆塗りの赤松材を用い、2階子世帯は坪庭を回遊できる動きのある平面とし、広間には大勢が集まれる掘りごたつが用意されている。両世帯とも広間には全開口の引込戸があり、季節に応じて障子、ガラス戸、網戸が選べ、都会においても自然を感じられるつくりとしている。