日々の出来事

  • 日々の出来事

    2018.01.11

    今年の仕事始めは、昨年竣工した物件の冬の撮影から始まりました。

    住み始めて約1ヶ月。室内の環境はどうなっているかと、温湿度計と放射温度計であちこち測定し、設計の思惑通りに空気が整っているかどうか確かめます。

    実際には断熱や暖房の配分によって室内環境は決まるのですが、最後の空気感を想像するのは難しく、これまで様々な物件で計測を続け、大分空気のさじ加減のようなものがわかってきました。

  • 日々の出来事

    2018.01.09

    旧年中は格別のご用命を賜り、厚く御礼を申し上げます。

    年末・年始は本当に久しぶりにスイスを訪れました。
    日本のお正月気分は全くなく、それはそれで新鮮でしたが、
    研修目的でもあるので、結局は日々建築行脚の旅を続けて終わりました。

    本年もよろしくお願い申し上げます。

  • 日々の出来事

    2017.12.18

    久しぶりに富良野へ赴いた。
    一見、街並みには何も大きな変化はないように見えるが、あちこちに英語の’real estate’や’for rent’の文字が。
    ニセコに違わず、この富良野も海外からの熱い視線が注がれ、建設ラッシュに沸いていた。

  • 日々の出来事

    2017.10.28

    久々に東京の街をうろつく。
    所狭しと建物が並び、その空隙を縫って緑と空が垣間見える。
    様々な形状、意匠の建物は一見何の脈絡もないように見えるが、
    全体としては雲のように東京の雰囲気を形作っている。

  • 日々の出来事

    2017.06.14

    毎週現場監理に行くついで?に藻岩山を登っている。
    大体1万2千歩ほどの道のりで、大量の図面を抱えたまま登るのはかなりな負荷となっている。

    ハイキングが目的ではないので、帰りはロープウェイでいんちきしています。
    明らかにおかしな荷物を持って毎週登るので、係りの人に怪訝な目で見られます。

  • 日々の出来事

    2017.05.04

    GWは人混みを避け、静かに過ごします。
    短い季節を謳歌するべく、自転車の手入れと窓の掃除に精を出します。

  • 日々の出来事

    2017.05.03

    待ちわびた季節がやってきました。
    この数日の陽気で花や草木が一斉に芽吹き始め、彩りを取り戻しました。
    それと共に影が生まれて来るのを見るのが楽しみのひとつです。

  • 日々の出来事

    2017.04.01

    ホームページをリニューアルいたしました。

  • 日々の出来事

    2017.01.02

    今年はHPを更新する間もなく、あっという間に2月も中旬になってしまいました。
    初詣では今年一年何をしなくてはならないのか頭を整理します。そして手を合わせてそれを言葉にします。年始の決意表明のようなもので、あとは一年それを現実に至らしめるべく動くことに専念します。それが神頼みにならないよう、神頼みしながら。

  • 日々の出来事

    2016.12.10

    雪の降りしきる札幌から快晴の東京へ。
    学生時代に通った渋谷は劇的な変化の真っ只中でした。
    東京の街並みはリセットすることのできないしがらみの上に計画が重ねられ、使いながらに改良に改良を重ねて、終わりのない生命の連鎖のように蠢いていた。

  • 日々の出来事

    2016.11.07

    アトリエには様々な素材が転がっています。
    都度サンプルを集めるのはもちろんですが、素材の違いや経年変化を検証しているためです。
    写真は木毛セメント板という主に下地に使用する材料ですが、外部に使用することはできないものかと、素地のままと塗装したもの、木口を保護したものを2007年から外に放置して経年変化を観察しています。
    本来外部に直接使用することはできないとのことですが、塗装をするとほとんど変化は見られないことがわかりました。

  • 日々の出来事

    2016.11.07

    アトリエには様々な素材が転がっています。
    都度サンプルを集めるのはもちろんですが、素材の違いや経年変化を検証しているためです。
    写真は木材に塗る透明の保護塗料ですが、同じ透明であっても光沢や感触が微妙に違い、材種や使う箇所によって使い分けなければなりません。カタログを読んでも透明なだけに違いがよくわからないので、同じメーカーの5種の違いを一目でわかるように塗り分けてみました。

  • 日々の出来事

    2016.07.20

    今日は「神社山の家」を訪れました。
    裏山は濃い緑に覆われ、建物にしっくり馴染んでいて安心しました。
    住まわれて半年、色々と手を加えたいところも出てきた模様で、たまに訪問して相談に乗ってきます。

  • 日々の出来事

    2016.07.02

    機会あって東京へ。
    真夏のような暑さの中、久しぶりにうろうろと東京の街を散策。
    東京は人口密度が高い割に(せいか)小さな緑を大切にしているなと感じます。ビルの屋上の緑地帯も心地良い公園のようになっており、皆が楽しそうにしています。その傍ら、ここの防水納まりはどうなっているのだろうかと、繁々と眺める怪しい行動をしている自分にはたと気づきます。

  • 日々の出来事

    2016.06.25

    「やじるしの家」の一年点検に行ってきました。
    はじめの一年は特に木造の場合、建物自体がその土地の環境に慣れるためにいろいろと動きます。四季が過ぎると、建物もその土地に馴染んで落ち着いてきますので、一年をみて点検をして来ます。
    通り雨が過ぎると、鮮やかな虹が出ていました。

  • 日々の出来事

    2016.06.04

    久しぶりに「藤野の家」に訪問しました。
    竣工後6年目とあって、いろいろと気になるところが出てきたようです。
    家は人の身体と同じで、早め早めのお手入れが長持ちさせるコツです

  • 日々の出来事

    2016.05.19

    竣工後しばらくぶりに「神社山の家」に訪問しました。
    冬とは打って変わって、北側に回り込む夕日に照らし出されたカラマツの外壁が、なんとも綺麗でした。
    この光の質は世界共通、北国ならではのものです。

  • 日々の出来事

    2016.05.08

    毎年恒例の春の自転車メンテナンス。
    普段事務所でパソコンに向き合ってばかりで歩数が伸びないので、
    これから半年、市内はどこでも自転車で通います。

  • 日々の出来事

    2016.05.05

    毎年、春のこの季節を書こうと思うのですが、北海道の花の季節はあっと言う間に過ぎ去り、いつも記事を書く頃には緑は深くなってしまいます。
    花、新緑が一斉に芽吹く、躍動の季節を味わえるのも北国に共通した喜びです。
    それとともに、外ではジンギスカンを焼く匂いがしてきます。

  • 日々の出来事

    2016.02.07

    昨年竣工した「やじるしの家」では、高断熱を確保しながら、極力建設コストを抑えるために設計上の工夫をしましたが、この2週間極端に気温の低い日が続いたので、どのような効果が出ているかを測定しに行きました。
    室温もさることながら、壁の表面温度が人体に与える影響は大きいので、その差が少ないことが居心地にとって重要なため、サーモカメラを用いて壁の表面温度を測定しました。
    これと一年間の光熱費を比較して設計時の試算と運用結果を検証していきます。

  • 1
  • 2