Blog

2015.08.18

杉板本実型枠

Blog

今日はあいにくの雨です。

 

PROJECT Kは土砂災害特別警戒区域に建物がかかるため、家の一部に高さ4.2mものコンクリート造の擁壁があり、そのままだとかなり圧迫感があります。

それを軽減するため、コンクリートの壁には傾斜がつけられ、表面に木目を転写する杉板本実型枠が用いられています。

杉板の表面を焼いて木目の凹凸を研ぎ出し、それをコンクリートを流し込む型枠に用いることで、コンクリートに木目を浮き立たせる方法です。

コンクリートを打設する直前に型枠は水分を含んでいる方がいいので、この雨は恵みの雨です。