居心地という音楽

よく建築は音楽にたとえられます。
確かにある空間に身を委ねていると、耳に聞こえる音以外に、見えてくる音があります。
それは誰かが何かを意図して作った空間の軌跡です。

 

音楽の趣味というのは人それぞれで、聞きたい日もあれば聞きたくない音もあります。
私は職業柄、その曲の裏側が見えてしまうため、なかなかひとの作った音楽に身を任せてリラックスすることができません。
できれば休日は、何の音も発しない空間にいたいと願うものです。
この春、何年かぶりに日本の宿へ出かけました。
商売としての宿泊施設に無音を求めるのは不可能ですが、
その中に亭主の美学が貫かれた、隅々まで調和の取れた空間とサービスに、ほっと一息付けたのでした。
その宿の奏でる音楽に浸っていると、亭主と静かに対話を楽しんでいるようなそんな気分でした。目に見えるものを操作することがデザインだと思われがちですが、そこにひとがいて初めてひとつの曲になるんですね。