Blog

2018.09.21

十年一昔

Blog

アトリエを開設して9月で14年が経ちました。
その間、設計した家を実際に見た方が、十年ぐらい経って自分の家を依頼しに来られるということが何回かありました。

 

十年一昔と言いますが、こちらがすっかり忘れて日々の生活に明け暮れていると、「いつか家を建てるときにはお願いしようと思ってました。」との言葉に、名前を見てはっとなると同時に、あぁ丁寧に仕事をしてきてよかったなぁとつくづく思います。

 

つい先日、やはり10年ほど前に学校の授業で見学に行った私の教え子から相談が来ました。その家が印象に残り、自身の家づくりの際に思い出してくださったようです。

 

世の中何が縁になるかはわからないものですね。
そういう意味では家の本当の評価が下るのは、建てた瞬間よりも十年後なのかもしれません。